読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいらぶみゅーじっく

音楽とともに日々をすごすわたしの日記

元気なさだまさし

昨日の夜ぼんやりテレビをみていたら

さだまさしのライブの番組があって。

別にライブ中継とか録画とかいうんじゃなくて

こんなんでしたー・・・っていう程度の。

なんでも30歳以下限定のライブだったらしいけど

どう見ても30歳こえてるヒトいっぱいいたよね。

さだまさしもステージからチェック入れてたけど、

ああいうのってチケット売るときどうするんだろう。

ていうか、そこは見に来る方の気持ちで、厳密にはどうでもいいのか?

テキトーに若い人集まってください、的な?

さだまさしを聴く20代・・・あんまりないかも。

さだまさしの曲って あるていどのトシになって初めてしみてくるって感じだよね。

キャピキャピ生活してる若者たちにはわからん内容じゃない?

でも若い子、大勢見にきてたよね。

そしてオープニングアクト若旦那

毛色が違いすぎて、なんでさだまさしのオープニングに若旦那?って思うけど、

昔ヤンチャしてた若旦那は さだまさしの歌に感銘を受けて、

以来さだまさしを敬愛しているらしい。

客席、基本若者だから、若旦那で盛り上がりまくり。

そりゃそうだよね。

みんながこぶし突き上げて「オー!」みたいな。

袖からみてたさだまさしも、いつもの自分のファンじゃない・・・って苦笑い。

でもそこはさすがで、若旦那からバトンタッチしたらちゃんと自分色のステージにしていくの。

だってそのままだったら、わちゃわちゃしすぎでしょ。

それを急遽「北の国から」をぶっ込むことで、タラーンとした「さだワールド」に。

客席の雰囲気がスーッと静まって、色が変わっていくのが見えるみたいだった。

一流のプロはすごいよね。

それにしてもさだまさし元気。

ライブ見に行ってみたいって気になりました。

当分地方が続くみたい。

大阪だと城ホールとかになるんだろうな。

もうちょっとこじんまりしたとこで聴きたいな。

地方の文化会館へ遠征するとか?笑

さださん 頑張って。