読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいらぶみゅーじっく

音楽とともに日々をすごすわたしの日記

金子みすゞさん

一時金子みすゞさんが流行ったせいか、

金子みすゞさんの詩に曲をつけたものがたくさんあります。

おんなじ詩でも違う曲だったりして。

「わたしと小鳥と鈴と」なんて、何曲あるの?っていうくらい、聴くたびに違う曲だったりします。

ちょっとびっくり。

その中で、一番はどれなん?って思ってしまう。

どの曲も「みんなちがって みんないい」なんでしょうか。

金子みすゞさんは、明治36年生まれ。

亡くなったのは、昭和5年です。

明治・大正・昭和を全部知ってるなんてすごい。

その時代に高等女学校を出ているってことは、お嬢様なんですね。

でもお父さんが早くに亡くなって、複雑な生い立ちの上に

結婚したご主人がタイヘンな人(自由人?)だったらしく、苦労されてます。

やっと離婚したと思ったら、娘を手放さなくてはいけなくなり、抗議の服毒自殺。

すてきな詩の数々からは想像できない壮絶なそして短い生涯です。

そんなことも思いながら、みすゞの詩を読み、うたを歌ってみたいと思います。